をたく10年

言いたいことをいう

チケット増やして減らして

 

pipipchang.hatenablog.com

 

こんにちは。

先日こちらでチケット初日・中日・千秋楽のみに減らしたと言いましたが。

気づいたら増えてました。

そして減らしました。

 

まず、チケットの一般発売日前に推しが急に昔上げたプレゼントをツイッターに載せてきました。

「ふんふん、何やねん。チケット売れてへんのか?しらんで」

くらいに思っていました。

そのあとブログに質問に答えますみたいなコーナーが載りました。質問が全部私が書いた質問でした。

「は!!!!!??????」

ですよね。まあ偶然他の人たちも同じ質問を手紙に書いてる可能性は高いけど、質問の順番まで全部一緒ってどういうことやねん。と同様のあまり関西弁に。

まあブログのネタ無かったってことかな、でも嬉しい。

 

10分後くらいには友達に「チケット増やすわ・・・ちょっと・・ちょっとだけ・・・」って言ってました。

 

そしてチケットを増やした舞台とまた別の推しの出ている舞台がこの間ありまして、一言で言うと「推しの演技と歌がくそ」でした。

びっくりした。

なになになになに!?歌めっちゃへたくそになってない!?演技何言ってるか聞こえないんだけど!?なんなの!?何が起こってるの!?え!歌下手!演技聞こえない!なにこれ!!!なんやねーーーーん!!

っていうのを2時間以上繰り返し問答して終演後すぐに「あー次の舞台のチケット売ろう」って決意。

 

今まで推しに対して不満だったこととか怒ったこと直接話したことはあるんだけど、手紙で間接的に伝えたことは無い。直接話すのも自分が冷静になってからだから1週間以上時間置いてからって決めてる。

そして今まで出演した仕事で私が行ったイベントでのお仕事は全部プロの仕事だったんだよね。だから正直どこまでぶっちゃけていいのか分からない。

ヲタクからのダメだしなんて聞きたくないよねって分かるし、監督とかプロデューサーから色々注意ダメだし受けてるだろうし(分からんしシランけど)、何より仕事にダメ出しするヲタクって私が一番嫌なんだけどさ~~~~~~

もうあかんって~~~ほんまあかんって~~~~

と、手紙に最大限の優しさを残しながら注意しました。自分ひとりでは不安だったので3人くらいに気持ち悪い自分の手紙をチェックしてもらって

・厳しすぎないか

・要点は簡潔にまとまっているか

・伝わる手紙か

・妄想ではなく事実だけを伝えているか

・現時点での改善可能点のみを伝えているか

などについてチェックしてもらいました。

恥ずかしいとか思わないくらい精神がやられてたよ私。

 

そして3日後の舞台を見ての私。

「あ~~~~よかった~~~めっちゃ良かった~~~~」

自分にウケました。

確かに演技も歌も発声も良くなってたけど、それよりも何よりも彼を心底嫌いにならずに済んだことと、チケット代30万弱を無駄にしなくて済んだことにほっとしました。

それって彼が好きなのか?ん?

 

演技と歌については満足できたので、とりあえず通います。

でも初日舞台挨拶での彼の発言について納得いかないことがあるので、これについてはこれからの彼の言動を見守るしかないです。舞台上で「稽古頑張った」またはそれに順ずる発言するやつマジでかっこわるい。お前は俳優の仕事に美学を持っていないのか。