をたく10年

言いたいことをいう

何回魔法使えるのかな

今週のお題「もしも魔法が使えたら」


色々迷うんですけど、1つならとか魔法の限度について真剣に1時間くらい悩んでしまった暇な週末です。推しが稽古中はゆっくり遊べていいね。


魔法1つなら自分じゃなくて推しに使うなら〜って考えてたのがもうだめだ。でも自分につかうなら大金持ちになるってことしかない平和な世界だった。


決めました!

推しのO脚を治す」


整体行ったりして昔より断然治ったけどやっぱりきになる。

昔は推し自身がとても気にしていたんだけど、ここ二、三年言わなくなったからもう気にしてないかもしれないけど私は気になっている。

短パンが大好きで短パンが世界一似合うと思っているけど、O脚治したら宇宙一似合うようになると思うんだよねえ。

でもO脚だから似合ってるのかなって考えたら治しちゃうか迷うね。


短パンの季節やってきたから今年もかわいい脛楽しみにしておこう。


魔法の範囲超えちゃいそうだけど、本当は推しに事務所移籍して貰いたい。

でもこれは魔法じゃなくて世界を動かす神ってかんじなのでちょっと違う。

私の中で魔法はシンデレラの魔法レベルまでだから心は変えられない。

推しのO脚なおれ〜〜〜〜〜

帝国劇場で2.5次元観てきたよ

 

先日(2ヶ月前)見た舞台が楽しかったです。

帝国劇場に王家の紋章を見に行きました。

帝劇見にくいからあんまり好きじゃないけど、やっぱり椅子がふかふかで最高でした。

でも上手側永久に地下鉄の音しててやっぱり好きになれない。古代エジプトにガタンゴトーンガタンゴトーンって情緒無さすぎるよね。

 

終わったあとの感想「なんだこれ、めっちゃ楽しい」

正直なところ、登場人物には肩入れできない。原作ありきだから読んでないとやっぱり難しいのかな、ちなみに私は原作を5巻くらいまで読んでから行きました。特に続きは気にならなかったです。

だけどみんな歌うま演技うま俳優だから、なんでか知らんけどめちゃくちゃ肩入れしてしまう。恐ろしい。

一言で言えば脚本の微妙なところを演者の魅力と壮大な歌でぶん殴ってくる感じのミュージカルでした。

あと衣装がとってもいい。

 

ミュージカル界の大御所たちをふんだんにちりばめてあるので、濱田めぐみさんとか山口祐一郎さんの歌を聞くだけで行く価値があると思うけど、2.5要素があってびっくりした。でも濱田さんはデスノも出てるし、もう2.5とか特に気にしない時代なのか。

チケットの値段も帝劇価格で13,500円です。

 

メンフィスの浦井さんが「ファラオとして~」って曲で客席にバンバンファンサしてた。

というかファンサ直撃しました。確かに最前列ではあったけど、まさか帝劇で指差しウインクもらうとは思わなくて心の準備してなかったからその後15分くらい記憶が無い。気づいたらファラオいなかった。

直接指差したりするのはこの曲くらいだけど、他の曲とかシーンでもメンフィスはめちゃくちゃ客席を見ながら歌ってくれるので(前方ばっかだった)浦井さんのファンはそういう意味でも楽しいだろうな。

浦井さんレベルだと舞台上からファンサするような舞台今後一生無さそう。

軽いファンサならあと10回くらいもらった。

終わってからしばらくメンフィスのことしか考えられなくなって、帰り道に寄ったカフェで友達と取るつもり無かったデスノートチケットとってしまった節操なし。

 

この舞台、もし推しが主演だったら(出られるかとか実力がとか別にして)、私何してでも全通するだろうなあって思いながら見ちゃって舞台中にチケット代×公演数を計算してました。

観劇中に余計なこと考える癖がぬけない。

 

キャロルは宮澤佐江ちゃん。まあかわいかった。

初演キャストなのに出ない声のキーがあるってなんで?って調べたらWキャスト新妻聖子さんで、多分そっちに合わせて曲作られてるんだねって納得。

調べたら叩かれまくってたね。頑張ってほしい。私は特に負の感情持たなかったけど、デュエットとかは若干辛かったわね。帝劇に通う人たちのハードルの高さがよく分かった。

顔面かわいいからまた見たいな。次回作がピーターパンの脇役でした。主人公がのホリプロのJCで興味持てなかったから今回は見送ります。

 

アイシス様は最高だわ。人を焼き殺して、弟に愛を押し付けて文章や漫画で読むと全く共感できないんだけど濱田めぐみさんの演技と圧倒的な歌唱力で「ア、アイシス様~」ってなる。ひれ伏したい。

歌がとにかく素敵過ぎました。これだけに13,500円払う価値があるね。

私が死ぬときは最後に濱田さんの曲をかけながら死にたい。告別式とかで流す。ありがたみがある。

聞けるうちに歌を何回も聞いておこうと思った。コンサートとか無いのかな。

次回は浦井さんと同じデスノートだった!死神!最高っぽいからチケットとりました。

 

イズミルもWキャストなんだけど平方元基さんの日でした。

かっこよかった~~~~顔面最高かよ!歌もよかった!ひたすらかっこよくてかっこいいしか言えないです。ヲタクになりたいくらいかっこいいけど、もう誰にも嵌りたくないからやめとこう。

次回作のチケット20枚買ったらチェキ取れるらしいという噂を聞いてしまった。色々調べてしまってとりあえずレディベス1回だけ行くことにした。

 

あとはウナスとルカもかわいかった。

ルカ矢田くん。君はもう遠い存在やな。頑張っておくれ。

特に追ってたわけでも好きだったわけでも無いけど、2.5から一気に帝劇に駆け上がった矢田くん。堂々としていてかっこよかったです。

最後のルカの目の伏せ方、痺れました。

アンサンブルの人たちもかっこいいし、美人だし、歌も踊りもめっちゃいいんだよ。さすが帝国劇場といった感じのクオリティ。なのに2.5次元面白すぎる。

 

話はすごい早さで進むから、原作知らないで初見だとついていくだけで精一杯になりそうだけど、頭を空にしても楽しめる系の舞台だと思う。

私が入った日は貸切公演で出演者からの挨拶があったんだけど、浦井さんが変なイープラスポーズしてて全部吹っ飛んだ。浦井さんかわいすぎて眩暈しました。

内容の感想全く無い。

 

基本的にはハッピーエンドの舞台が好きなので(どうせ金払うなら幸せな気持ちになりたくない?)王家の紋章は楽しかったです。原作が少女マンガだけあってぶっ飛んでるから帝劇っぽくはないけど、帝劇クオリティ。

 

推しにお金つっこんでなかったらもう一回見たかったな。

 

私が2.5を見て強く感じていることは劇よりも演者が際立ってしまうという特性なんだよね。

正直推しの舞台は馬鹿みたいに見ているけど他の2.5を沢山見ているわけではないから、そんなことないよ!演者の魅力だけじゃない2.5もあるよ!って感じる人ももちろんいるだろう。

だが私の中の定義は帝劇で2.5を観てますます確立されてしまうのであった。


 

幸せと絶望

 

 

この間楽しかったことがあるから言うね。

友達にも言えてない、ツイッターでもいえない。

言ったらネットで「勘違い乙」って言われて終わりだろうと分かっているので、匿名のネット上でマウンティングさせてください。

 

公演終わりカーテンコールで推しが私に気づいて、にこってしてくれて死ぬほど嬉しかった。

2回目のカーテンコールでは「ありがとう」って口パクで言ってくれて失神しそうに嬉しかった。

 

今回の舞台で推しはファンサしません。演技中も、カーテンコールも。

舞台中の評判、自身の評判聞いたらファンサなんてしてる場合じゃないよな。(逆にファンサして自分のファンだけでも楽しませてチケット売れっていう意見も見た、これも一理あるね)

 

毎回舞台行ったら一回くらいはありがとうって言ってもらえるけど、もう言ってもらえないだろうなって思ってたから嬉しかった。

今回カテコ0ズレ席全く当たらなくて1枚も取れなかったし。

説教ババアで、接触行かないし、前列ほとんど入ってないのに~ありがとう~って考えたけど、だからかな!?そういえば前から接触イベントが半年くらいないとやたら優しくなる俳優だった。

たぶんヲタクと直接会う機会ないと精神が落ち着くんだろうな。会う機会ばっかりだと精神が荒れる。

そして私より前列にいたファンクラブ枠のヲタクが一斉に振り返ったの気持ち良かったです。

 

って書きながら自分がただのファンサ厨だってことがよく分かって絶望しました。

若手俳優に対する評価とそれに向き合う気持ち

 

ここでの若手俳優に対する評価というのは、この場合世間一般の評価や舞台人からのそれではなく劇場に足を運ぶ層からの評価を指します。

今回私が好きな俳優さんは大変厳しい評価を頂きました。

私としては、この評価は割合正当なものであると感じています。

 

長丁場の公演の中で散々な初日を迎え、いまだかつて彼が経験したことが無いくらい叩かれたと思います。

劇場内普通に歩いてるだけで批判の声が聞こえてきたので、それはもうすごかった。

結局安定し始めたのは2、3週間後くらいのことで、後半の公演は改心の出来でした。

ですが他の俳優ファンからの評価は賛否両論のまま、終演を迎えました。

一旦悪いイメージが付くとなかなか払拭できないものなのですね。

 

私は基本的に他の人の評価はどうでもいいです。舞台の感想もあんまり読まないです。なぜなら全部行ってるから全て知っているんです。そして全通をやめても多分読まないです。私にとっては私が見たものが全てだから、人の意見を読んでも満足できないし、他の人の意見を見てしまったら手紙を書くとき、感想を話すときに少なからず影響を受けてしまいそうなので。

有益な感想なら読みたいけど、取捨選択してる間に全部読む羽目になってしまうのでそれならいっそ全部読まないという選択肢になります。

 

ですが今回彼自身が舞台上で「厳しい意見」について言及しました。

ネット上での意見か、劇場アンケートか、演出家からの意見か分かりませんが。

私としてはお客様のいる場で彼のその発言自体が失言だと思いましたが、少し興味がわいたので他の俳優ファンの意見などを調べてみました。

 

散々でした。

中には彼の私生活を叩くものもあり、もはや叩きたいだけの人もいました。

それでも大半の批判は舞台上の的を射たものでしたし、これから彼が俳優として大成したいのであれば真摯に挑戦して行かなければならないことばかりです。

 

それに対して同担たちは散々噛み付いていました。

そもそも他の俳優ファンの意見なんて検索して自分から探さないと見れないもので、それをわざわざ探してまで怒るのってどうしたの?としか思えないんだけど。

口汚い言葉で罵る一部を除けば、彼が歌えていなかったことも、彼のセリフが聞こえなかったことも、彼に前作からの成長が見えなかったことも、彼がカーテンコールでとんでもない失言をしたことも私からすれば事実です。それを叩きたい、舞台を台無しにされたと思う人がいるのも仕方ないと思う。

 

今回の舞台はリピーターが多かったとは思うけど、それでも1回しか見ない人もいて、そういう人たちにもリピーターにも「嫌なら見なきゃいい」って言ってしまうヲタクたちは何様なんだと思う。

そもそもチケット売れなきゃ成り立たないんだからさ、余ってるんだから見なきゃいいっていうヲタクはお前がチケット買いなさいよ。

私は度を越えなければ、チケット代を払った客が舞台を絶賛するも否定するも自由だし、意見する場がネット上でもアンケート上でも、劇場内でも基本的には自由だと思っています。

劇場内での話は聞きたくない人にもわざわざ聞かせてしまうので、配慮が必要だとは思いますが。

ネット上で、清濁併せ呑む覚悟もなしに攻撃するヲタクはどういう思考回路してるんだろう。

自分の好きなものがあって、友人や家族でもない人がそのことに配慮して全てを肯定してくれると思ってるんだろうか。

そしてネット上での意見を読んで、さんざん攻撃するヲタクたち。君たちの行動が彼の評価を下げることに繋がる。

 

結局、彼だけでなく我々ファンも叩かれることなり彼とそのファンに対する悪いイメージがついてしまいました。

 

そんな騒動を彼が知っているかは分かりません。

日舞台が千秋楽を迎えました。

カーテンコールで彼が出てきたとき、一際大きい拍手がありました。

彼のファンはたいして観劇していなかったので他の俳優のファンが拍手してくれたのだと思います。

 

千秋楽は昼・夜公演共に改心の出来であったと思います。

後半は多少の波はあれど概ね評価される出来になり、ついて来てくれた友人からも酷評されることはなくなりました。

千秋楽を見るなかには壊滅的な出来の初日を見たお客さんも多かったことでしょう。

でも拍手をくれました。

私はお客様は良いものを見せたら認めてくれるのだと思っています。

初日から2,3週間、彼のときだけ拍手が明らかに少なかったことも沢山ありました。

でも千秋楽で拍手をくれました。

つまりみんな意地悪な気持ちで批判しているだけじゃないってことです。

みんな高いチケットを買って、期待して、楽しみにして劇場に来ているんです。

 

だから全てのお客様に満足して頂けるように努力するべきだし、自分のファンだけに満足してもらえばいいなどと言う気持ちは持たないでもらいたい。

個人のコンサートとか一人芝居ならそれでもいいのかもしれないけど。そもそも推しは一人で箱埋められないと思う。

現実には全てのお客様が満足することなんてあるのか。満足なんて主観的なもので基準がないから分かりようがなくて、全てのなんて達成できないであろうことは承知しています。

悪い意見があって、それを受け止められるかどうかは人それぞれだと思う。

全ての批判を受け止める必要はないし、聞き流してもらってかまわない。

でも批判の裏には期待があったということを忘れないで欲しい。

 

たまに狂ってる批判したいだけの人もいるからそういうイレギュラーは無視して考えてね。

ヲタクはスルー出来ないなら何も見るな。

決断力が無いヲタクとは仲良くなれない。

 

 

日舞台終わりに同担5,6人で食事に行く機会がありました。

まあ嫌な予感はしていました。

最初は3人で行くはずだったんだけど、劇場前で待ち合わせしてたら人が増えてしまった。ヲタクあるある。

地方だからみんなホテル泊でごはんもお店を知らないからどうするー?100連発。

私は疲れてるから早くご飯食べて早く寝たかった。

だから「早くどっかお店はいろう?」「移動しよう?みんな何食べたい?」「食べられないものある?」って全部私が聞いて3軒くらい選んで提案したらその時点でも「えーどうしよう」しか言わないんですよ。

ほんttっとおおおにイライラしました。短気なんですよわたし。

じゃあ中華にしようか!って言ったら「辛いの食べられない」とのこと。先に言えよ。そして中華は辛くないメニューもあるけど。

お店入ってとにかく早く食べて寝たかったので「食べたいものきめよう」って言ったらスマホいじってたり、決められない女たち。

なので食べるものも全部私が決めた。

何にも決められない人間ってなんなの。

 

ご飯食べる前から血圧上がりすぎて疲れた。

 

ご飯取り分けてもスマホ触ってる子もいるし、食べられないもの今更言ってくる子もいて独りでコンビニのおにぎり食べたかった。一人で焼肉屋さん行きたかった。

 

ご飯たべながら何話すかって舞台の感想とかじゃないの。

今までの接触とかプレゼントなにあげたとかなの。自分があげたやつ着てくれたとか握手して何はなしたとか。

一人でピザ食べたかった。

 

認知なんてもらって何年もたってるし、プレゼントなんて今推しが使ってる帽子も靴も上着も全部何年か前に私があげたやつだよ。ちなみに今の舞台の台本に貼ってるシールも、書き込みに使ってるディズニーのペンも、この間たべた北海道のお土産も全部私があげたやつだよ。いわないけど。

 

話してるとやっぱり通う現場の数によって温度差があるのね。

私は自分がいけないイベントがあっても(ほぼ無いけど)わざわざ呟いたりしないし、直接聞かれたときだけ「行かないよ」って答える。

全通することも特に言わない。

 

今回の舞台中に推しが地方で接触ありのイベントをすることになりました。

そしたら普段地方には来ない子達が来る来る。もうこんなにヲタクいたのってくらい来る。

ご飯行った子達もみんなそんな感じの子達だった。

 

舞台に全通するヲタクわたしだけ。接触イベント行かないヲタクわたしだけ。

私よくその状況でご飯行こうと思ったな。

 

気が合う、合わないとかそういうことじゃなくて、思考の違いなのかもしれない。

 

全通するって言うと「えっすごーい、○○くん絶対喜ぶよ」

イベント行かないって言うと「えっなんで?○○くん悲しむよ」

まあ彼女たち流のリップサービスなのかもしれないけど、推しは私が全通しようがイベント行こうが喜びも悲しみも特に無い。

来たときは「来てくれてありがとう」こっちもそれだけでいいし。

 

彼女たちの思考には自分の基準が無いのかもしれない。

だから私が全通するのも「私自身が楽しいから」イベント行かないのも「行きたくないから」だとは思わないのかな。

自分の思考が無いから食べたいもの一つも決められない。

 

ご飯取り分けてもらってるときにお礼言わない、会話のときにスマホ触ってるとかは育ちの違いかな。

そういうの推し見てるからね。イベントで私がひたすらテーブルの大皿料理取り分けてたの推し知ってるからね。後日「この間見てたよ、大変だったね」って言われたからね。

自由なイベントのときって性格出る。スタッフが近くにいないと図々しいヲタクが得をする世界だからな。

そして推しが居ないときに本性が出る。

 

若手俳優のヲタクをするのはただの趣味だし、全部自分の意思で決めたほうがいい。

「○○くんが喜ぶから」「悲しむから」なんて推しのせいにして楽しむのはやめよう。

推しのせいで学校留年しても、推しのせいで会社首になっても、推しのせいでお金が無くても、それは全部推しのせいじゃない。

自己責任です。

そして食べたいものは3分以内に決めよう。

 

 

若手俳優に対するエゴ

私の推しは手紙一応読んでることになってます。

たまにブログやツイッターなんかに「手紙読みます」「手紙ありがとうございます」と載せてくれます。

面倒くさいヲタクだからさ、手紙の数の少なさに愕然としたりするんだけどさ。

ただ、毎日読んでるわけじゃないそうです。

「毎日読んでる日もあれば、メンタルがもたない時はあとで読んだり色々」とのこと。

あと笑ったのが「字が汚いやつは後回しにする」と言っていたことです。

まあ分かるけど直球過ぎるでしょ。

 

接触イベントがあると「舞台中毎日手紙ありがとう」と言ってくれたりします。

恥ずかしい。手紙って読まれることを前提に書いてはいるけど、なんというか自己満足で書きたいことをひたすら書いてるときもあるので。

実は最近プレゼントをするのをやめました。もう、ぱったりとやめました。

初日に「ファンより」の名前でお花だけは出してるんだけど、これはプレゼントのうちに入らない(ヲタクの言い訳)

前まで自分の買い物するときでさえ、「これあげたい!」「これ似合いそう!」ってすぐに考えてしまってたんですが今は貢ぎの気持ちが沸かないんですよ。無気力ならぬ無貢ぎ力です。

だから今は手紙だけ。書きなぐった手紙のみが公演期間中毎日彼の楽屋へと届けられているわけです。

 

事務所がクソだから事務所に送ると紛失の可能性があるんだよね。プレゼントマネージャーとかスタッフが盗んでる説もあるし。

 

今回の公演は立地上出待ち禁止です。私も待つ気力が無いので心底ほっとして良かったという気持ちです。

公演中に会えるイベントが2回ありました。申し込みしていないので行きません。ですので今回の公演中に彼から手紙のリアクションが返ってくることはありません。

 

なので苦言を呈する手紙を書くことにしました。

ヲタクからの一方的な言葉の暴力です。

(本当は苦言と言ってもオブラートに包み、書きたいことの100分の1も書いてない、優しく書きすぎて苦言とも言えないニュアンスになってしまったヘたれヲタクなので叩かないでください。)

 

彼は手紙を読んでいると思います。

初日のあとに「ファンのため(だけ)に舞台を頑張る」と言った趣旨の発言をした彼ですが、千秋楽では「見に来てくださった全ての皆様に感謝します」と言っていました。

私が苦言を呈したことのひとつがそれでした。

おそらく他のヲタクも苦言を書いてると思う、嘘でもいいから舞台を見に来た全ての人への感謝があってよかった。

チケット代への対価は全ての客に対し平等に払われるべきだし、自分のヲタクだけに向けて舞台してどうするんだと。ファンを増やすこと諦めたんですか。そうなのかも。そうなのかな。

私、彼が引退したらどうなるんでしょう。主題から反れましたが今急に不安になってきた。

この問題についてはまた整理して書こう。

 

 

お手紙とか、直接会って苦言を呈するというのはものすごく勇気が要ります。

嫌われたり疎まれるのも怖いし、書いてるうち言ってるうちに嫌いになりそうで辛くなります。

直接話してしまうと、言わなくていいことまで言ってしまったりして後悔しそう。

今回手紙を書きましたがいつもほぼしない推敲を500回くらいしました。

 

正直今回苦言を呈したかったことは10個くらいあるんだけど、2個に減らしました。

理由は公演中に改善できないようなことは言いたくない。

時間があれば改善出来ることが沢山あると思うけれど、舞台中に目に触れる手紙だから今すぐ改善できることしか書きたくなかった。

主に舞台挨拶での態度のことだけを書きました。千秋楽の挨拶で同じことやられたら困る辛すぎるので。

舞台中のクソ疲れてるときに「今できねえよ」みたいなこと書かれても困るよね。

っというか改善して欲しいこととか書かれても困るよね。

ヲタクなんて素直に今あるものを享受しておけばいいのに、何かを変えたいなんて思い始めたら最悪。

そんなのエゴの押し付けでしかないし、彼はもともとそういう男なんだよ。

受け入れられないなら、目をつぶれないなら黙ってヲタクやめたらいい。

分かってるけど好きで居たいから困ってる。

こういう思考のヲタクがいると困るよね。

 

 

でもチケット全部買ってあるから行くね。

このあと地方公演があるけれど、なぜか当初の予定と変わってそちらも全通です。

地方3都市25公演全部行くって狂ってるだろう。自覚有ります。

だれか全通するヲタクいるかな。ま、毎日劇場で会ってるのに無視しあうんですが。

ホテル暮らししんどいな。

チケット増やして減らして

 

pipipchang.hatenablog.com

 

こんにちは。

先日こちらでチケット初日・中日・千秋楽のみに減らしたと言いましたが。

気づいたら増えてました。

そして減らしました。

 

まず、チケットの一般発売日前に推しが急に昔上げたプレゼントをツイッターに載せてきました。

「ふんふん、何やねん。チケット売れてへんのか?しらんで」

くらいに思っていました。

そのあとブログに質問に答えますみたいなコーナーが載りました。質問が全部私が書いた質問でした。

「は!!!!!??????」

ですよね。まあ偶然他の人たちも同じ質問を手紙に書いてる可能性は高いけど、質問の順番まで全部一緒ってどういうことやねん。と同様のあまり関西弁に。

まあブログのネタ無かったってことかな、でも嬉しい。

 

10分後くらいには友達に「チケット増やすわ・・・ちょっと・・ちょっとだけ・・・」って言ってました。

 

そしてチケットを増やした舞台とまた別の推しの出ている舞台がこの間ありまして、一言で言うと「推しの演技と歌がくそ」でした。

びっくりした。

なになになになに!?歌めっちゃへたくそになってない!?演技何言ってるか聞こえないんだけど!?なんなの!?何が起こってるの!?え!歌下手!演技聞こえない!なにこれ!!!なんやねーーーーん!!

っていうのを2時間以上繰り返し問答して終演後すぐに「あー次の舞台のチケット売ろう」って決意。

 

今まで推しに対して不満だったこととか怒ったこと直接話したことはあるんだけど、手紙で間接的に伝えたことは無い。直接話すのも自分が冷静になってからだから1週間以上時間置いてからって決めてる。

そして今まで出演した仕事で私が行ったイベントでのお仕事は全部プロの仕事だったんだよね。だから正直どこまでぶっちゃけていいのか分からない。

ヲタクからのダメだしなんて聞きたくないよねって分かるし、監督とかプロデューサーから色々注意ダメだし受けてるだろうし(分からんしシランけど)、何より仕事にダメ出しするヲタクって私が一番嫌なんだけどさ~~~~~~

もうあかんって~~~ほんまあかんって~~~~

と、手紙に最大限の優しさを残しながら注意しました。自分ひとりでは不安だったので3人くらいに気持ち悪い自分の手紙をチェックしてもらって

・厳しすぎないか

・要点は簡潔にまとまっているか

・伝わる手紙か

・妄想ではなく事実だけを伝えているか

・現時点での改善可能点のみを伝えているか

などについてチェックしてもらいました。

恥ずかしいとか思わないくらい精神がやられてたよ私。

 

そして3日後の舞台を見ての私。

「あ~~~~よかった~~~めっちゃ良かった~~~~」

自分にウケました。

確かに演技も歌も発声も良くなってたけど、それよりも何よりも彼を心底嫌いにならずに済んだことと、チケット代30万弱を無駄にしなくて済んだことにほっとしました。

それって彼が好きなのか?ん?

 

演技と歌については満足できたので、とりあえず通います。

でも初日舞台挨拶での彼の発言について納得いかないことがあるので、これについてはこれからの彼の言動を見守るしかないです。舞台上で「稽古頑張った」またはそれに順ずる発言するやつマジでかっこわるい。お前は俳優の仕事に美学を持っていないのか。